PROFILE

中野裕之 / 映画監督・映像作家

1958年広島県福山市生まれ。早稲田大学卒業後、読売テレビに入社。放送業務、広告制作、深夜番組(どんぶり56565)などを経て、1987年タイレル・コ-ポレ-ションを設立。映像的な音楽ビデオを作り続けるかたわら、VIDEOARTの作家としてブラジル、フランスなどで作品を公開。1993年ピースデリックをたちあげ、それ以来、見る人をなんだか気持ち良くするピ-スな映像の研究を重ね続けている。世界中のMTVで放映された音楽クリップにはMTVアワード6部門にノミネートされたdeeeliteの "Groove is in the heart" をはじめ、リタ・ミツコ、ネグレス・ヴェルト、セイント・エチエンヌ、ポール・ウエラーユニット、System7、Photek 他などがあり、日本では今井美樹さん、布袋寅泰さんを長期に渡り撮り続けている。さらにAKB48、SKE48、GLAY、MR.children、テイ・トウワ、DREAMS COME TRUEほか多数のJ-POPのスターを手がける。映画、ミュージッククリップ、CM、自然の映像、ドキュメンタリーなど、その映像の種類は多岐にわたる。

屋久島で撮りためた透明な水をまとめた「水water」や、イルカのビデオ「ピース・ブルー」、小野リサのボサノバ音楽とアマゾンの映像を合わせた「ピースボッサ」地球映画としてハワイタヒチの島々を空撮した作品「美しい惑星」など自然映像の作品を発表。ピース系では、7名のピース活動家やジャーナリストのインタビュー集「Opinions」や2005年度愛地球博にて上映されたショートフィルム「RE:サイクル」、3分11秒の短編集「明日」、2012 RIO+20 The Future We Want 地球サミットへ出品した「JAPAN VOICES」などピース活動を続けている。

1998年劇場映画第1作「SF・サムライ・フィクション」公開。
     第2回 韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭 グランプリ受賞、第24回 おおさか映画祭 新人監督賞
     毎日映画コンクールスポニチ 新人監督賞、第13回 高崎映画祭 若手監督グランプリ
     その他、サンダンス映画祭、ハンブルグ、ヘルシンキ、モントリオール、ユタ、ブリュセル、
     バレンシアンヌ映画祭公式招待作品となった。
2001年劇場映画第2作目「SF・Stereo Future」ストックホルム映画祭
     劇場映画第3作目「RedShadow 赤影」公開。
2005年「RE:サイクル」ピース系ショートフィルム制作、愛地球博にて公開
2006年「全速力海岸」短編.JP “ハブアナイスデイ”DVD発売中 デトロイト日本映画祭観客賞
     「アイロン」カンヌ映画祭批評家週間部門/ヤング批評家賞を受賞
2007年「八月の虹」唐沢寿明、りょう出演。テレビ史上初めてCMの枠内を使って放送された連続ドラマ
2008年短編集「男たちの詩」東京都写真美術館で歴代興行成績1位の公開。
2009年劇場映画第4作目「TAJOMARU」小栗旬主演 松方弘樹 萩原健一

中野裕之より
音楽と映像を合わせる事が一番の快感で、それが好きで今に至ります。2012年は、美しい日本を後世に残すプロジェクト、JAPAN PROJECTの第一弾、「極富士」のプロデユースをしました。佐藤宏さんが撮りためた富士山の動画の数々を編集して作った、富士山を見る絶景ポイント集に加えて、富士山映画として鑑賞いただける「極富士」やBGVが多く収録されています。秋に発売です。他には、京都で開催されるファッションと音楽と寺の実景を魅せるイベント「ファッション・カンタータ・フロム・京都」の演出を手がけ、長居スタジアムで開催されるHOTEL GLAYの映像や俳優の綾野剛さんに密着してお送りするドキュメンタリー NHK BSプレミアム「裸にしたい男 綾野剛」などを手がけました。